ドッペルゲンガー?他人の空似で間違える!?

スポンサーリンク
ドッペルゲンガー?似ている人と家族を間違えてしまった体験
似ている人を家族と間違えてしまった恥ずかしい体験の絵日記。面白い絵日記
出会いは突然に。

それはサービスエリアで起きた出来事。

こっさんはまだ2歳にもなっていなかった頃。



フードコート目指してめっちゃ嬉しそうに走っていくからなんか、食べたいものあったんかと思ったら、見知らぬ人に

「お父ちゃん!!!!」


誤解招くわ!

そうなんです。その人ツルツル頭に黒ぶち眼鏡。。。


母ちゃん高速謝り、その人はビックリした様子だったが、こっさんが小さかったのもあり笑顔で許してくれた。

それで、「かわいいね♪」なんて言ってもらえて。


いやぁ・・・本当にいい人でよかった。

でも母ちゃん疲れたよ。

こっさんの父ちゃんに対する認識が適当すぎて。

ツルツル+黒ぶち=父ちゃん・・・じゃねぇよ(笑)


トイレ休憩終わった父ちゃんにこっさんを託し、自分もトイレへ。

ドッと疲れた気持ちをそっと下ろして来よう・・・あれ?

めちゃくちゃ嬉しそうに父ちゃんの手を引いて走っていくこっさん。


ちょ。ちょ待てよ!!!!(キムタク風)


あかんって!!!そっちにはもどきがおるから!!!!

追いかけたけど時すでに遅し。


こっさん「ほら父ちゃん!ここにも父ちゃんおったで♪」


ごたいめーん!!!

んでその紹介やめてくれよ。

父ちゃんの姿をみて、父ちゃんはその人の姿をみて感じた事だろう。

ツルツル+黒ぶち=父ちゃん。


とむこ、音速謝り開始。


人気ブログランキング

↑ブログランキングに参加中!ランキング上位を目指して奮闘中!有名ブロガーになるんだ!!!あなたのポチっとでとむこ有名への一歩を踏み出せます。多分!

コメント

タイトルとURLをコピーしました