それは本当に正しいの?嘔吐物処理と市販除菌スプレーの使い方

スポンサーリンク

毎年寒い時期に流行りやすいのがノロウイルスや急性胃腸炎などの胃腸風邪です。特に子どもは元気だと思っていても急に体調が崩れてしまい、熱を出したり嘔吐したり。今回は嘔吐処理について嘔吐物処理衛生講習内容を踏まえてお伝えしたいと思います。

嘔吐処理に必要なもの

  • 蓋つきのバケツ
  • 雑巾
  • バケツ
  • ハイタ―
  • 新聞紙
  • ビニール袋数枚
  • 手袋
  • マスク

嘔吐物処理には上記の物を使います。バケツ以外は使い捨てになります。嘔吐物処理には0.1%(水500ミリリットルに対してハイタ―をペットボトルのキャップ2杯分)入れれば作ることが出来ます。家庭ではハイタ―で十分ですが、保育園や施設ではピューラックスという名前のものを使用するといいと思います。

ピューラックスは基本的にはハイタ―と同じなのですが、濃度が6%と安定しているものです。ハイタ―は5~6%と少し濃度が変動します。しかし、普通に使う分には問題はありません。

正しい嘔吐物処理の方法

まず、換気をします。マスク手袋を着用し、次亜塩素酸をバケツに用意します。

保育園などではエプロンや靴カバーもしっかりとつけてください。

ふた付きのバケツに袋をセットし次亜塩素酸を少し入れ、嘔吐物を拭きとって入れます。なるべく素早くし、袋の口を結んでください。嘔吐物が乾燥すると菌がさらに舞いあがりやすくなり、被害が拡大します。

嘔吐物よりも広い範囲に新聞を置きその上から次亜塩素酸をそっと撒きます。こうすることによって嘔吐物が乾くのをふせぎしっかりと除菌できるようにします。

カーペットやの場合
カーペットなどの場合はすぐに嘔吐物を取ります。次亜塩素酸を振りかけると色落ちをしてしまいます。熱湯をかけても85度以上を1分間継続しないと効果はありません。

熱湯をかけるだけでは効果は発揮できないので、スチームアイロンを使用してください。高温設定で1か所2分間が目安です。かといって嘔吐した部分にすぐにアイロンをかけるのには抵抗があるので最終手段になるかもしれません。

畳に嘔吐した場合も処理は同じになります。嘔吐物を取り除き、次亜塩素酸を含んだ雑巾で拭きとりスチームアイロンをかけてください。

匂いが気になる時の対処

どうしても嘔吐物処理で気になるのがあの匂いですよね。フローリングの時はまだ直接塩素を撒くことができるので、処理後もプールのような塩素の匂いの方が気になるぐらいですが、カーペットや畳はそういった事が出来ないのがほとんどです。

そんな時は重層を振りかけてください。粉のまま嘔吐物を処理したところに白くなるまで振りかけて放置するだけです。

しっかりとした処理がされていれば菌はほぼ消えていますので大丈夫です。重層を振りかけ数時間放置し、取り除きます。まだ気になる場合はさらに新しい重層をふりかけて様子を見てください。

スプレータイプの消毒は使用しない

全く感染者がおらず予防の意味でスプレータイプの消毒をすることは良いかもしれません。でも、実際に感染者がいる場合。嘔吐した場合は絶対にスプレータイプの消毒は使用しないでください。

理由としてはスプレーの噴射の勢いで菌が舞い散ってしまうのです。この事実を知らない人は多く、嘔吐処理をして拭きとった後にスプレーを吹きかけて拭きとっている人が多くいます。これは除菌をしているつもりで菌を広げているだけに過ぎません。

予防としては手軽だし効果的ですが、処理には絶対に使用しないでください。

処理の時は必ずバケツに作った次亜塩素酸をそっと撒くようにします。バケツの場合も焦って撒いてしまいがちですが、基本は菌が舞いあがらないように落ち着いて処理するのが鉄則です。

二次感染が起こる理由

嘔吐物の処理をする時に嘔吐した部分と、その少し周りを掃除しただけで終わっていませんか?
150センチの人が立ったまま床に嘔吐した場合、嘔吐物は一瞬にして6畳の部屋いっぱいに広がると講習では言っていました。想像してください。6畳ですよ。保育園ならかなりの広範囲の子ども達に嘔吐物が付着していることになります。その子たちがまた違う場所に移動して、どんどん菌を広げていくことになります。

処理する人意外が部屋にいる場合は速やかに靴を消毒して部屋移動をし、近くにいた場合は念のため衣服も着替えることをお勧めします

ノロウイルスが怖い理由

普通の胃腸風邪では感染力がまだ低い方なのでそこまで被害が拡大することはないのですが、ノロウイルスは10個~100個ほどの菌が体内に入っただけでも感染し、発症してしまいます。またウイルス自体も長期間生存可能と言う厄介なものです。

保育園は仕事をするお家の方の子どもさんを預かる場所ですが、たまに下痢だけになったので。と登園される場合があります。ノロウイルスは便中の菌を確認し診断が下りるのですが、下痢嘔吐の症状から胃腸風邪と診断で終わる場合もあります。対処療法しかないこともありますが、しっかりと休まずに登園することで被害が拡大していきます。

子ども達は元気に見えますが、その1グラム便の中には100万~1兆の菌がいるとも言われています。しっかりと食事が取れるようになってから、また、便の状態も普通になってから登園しましょう。

トイレでの被害拡大

トイレに行けば汚物は流れていくのだから大丈夫では?と思ってしまいがちですが、どこから被害が広がるのかと言うと、お尻を拭いた手に菌が付着し、ドアなどを介して菌が広がっていきます。

しっかりと拭いているのだから大丈夫では?と思いがちですが、なんと菌はダブルのトイレットペーパーを27枚重ねてやっと検出できなくなるという研究数値もあるそうです。27枚ですよ。シングルでは54枚重ねてやっと手に菌がつかなくなるそうです。それも、研究の方法により定かではないかもしれませんが、そこまでペーパーを使う人もなかなかいないですよね。

どうしたら被害をふせげるのか

これは間違いなく手洗いです。まずしっかりと流水で手を洗いましょう。その時間1分です。もしもしカメよの歌を普通の速度で2回歌って約1分です。次に消毒をして簡単に流します。次に石鹸で綺麗に手首や爪指の間まで洗い、もう一度流水で流してから消毒をして終了です。

一度使ったハンカチだと不衛生なので、エコ観点では問題になりそうですが使い捨てのペーパータイプが衛生的には一番いいかもしれません。

手洗いだけでなくうがいもしっかりとしましょう。ガラガラうがいだけでなく、ムグムグうがいもしっかりとして下さい。

女性の方は難しいかもしれませんが、顔を洗う事も効果的です。どうしても菌が付いた出て髪の毛を触ってしまったり、顔を触ってしまい菌が体内に入りやすくなるので顔を洗う事も効果的です。

体調の変化

ノロウイルスの潜伏期間は24時間~48時間です。菌が体内に入り徐々に菌が増殖し症状が現れ始めます。実際に私もノロウイルスになったことがありますが、症状が現れる(嘔吐する)1~2時間前までは本当に普通でした。体調の変化もなく、いたって普通。

それが急に腹痛と吐き気、嘔吐、下痢に見舞われます。嘔吐は30分に1回1日続き、下痢は3日間ほど続きました。病院でこちらが頼んで初めて検査をしてもらえました。

すぐに検査結果は出て1週間の出勤停止となりました。症状は3日で落ち着いたものの体調は1週間良くなることは無かったです。急激な嘔吐と下痢により血便にまでなりました。

大人では症状を訴えることが出来、また完全に回復していない場合はぐったりしてしまう事がありますが、子どもは少し体調がよくなると元気になるのでより気を付けてください。

体調が戻っても、1か月は便から菌が出ている場合もあるので注意が必要です。

私の場合は保育士だったので、再度受信し検査をして菌が検出されなくなってからの出勤となりました。正しい対処をすれば一家で被害がひろがると言うこともありません。覚えておいて欲しい事はスプレータイプの除菌は使用する時と場合を間違えないで!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました