お盆。仏さんを迎えに行く。

スポンサーリンク
お盆 仏様を迎えに行く時の話
お盆 仏様を迎えに行く時の話
見えないつらさ。

お盆にすることと言えば、祭壇を飾ったりおだんごを作ったり・・・

どこの地区でも同じ様にするのかはわかりませんが、うちの所では「おんがら」と呼ばれるものを小さくおり、それを家の前で燃やすことで仏さんが帰ってくるとされています。

2日間念仏を唱えるのですが、一日目には迎え火、2日には送り火として同じ様におんがらを燃やします。

ジィジが亡くなって2回目のお盆。正直1回目は覚えていません・・・

2年たってやっと、何かを考えながら準備をすることができたように思います。

今年は仏さん迎えに子ども達も参加。

一番小さいこっさんも、説明を聞いて目をキラキラさせています。


おんがらを燃やし、線香に火をつけて・・・


こっさんは急に走りだし家の中に入ったと思ったら

部屋中を探し回って



ジィジおらんやん!!


本当に見えると思ったようです。。。なんてピュアなんだ。

ジィジがいないと怒りながらしょんぼりしていたこっさん。

「見えないけどちゃんと帰ってきてくれてるよ」と伝えましたが


「会いたい。」

そりゃそうか・・・と2人でちょっぴり泣いた13日。

そんなこんなで、我が家のお盆は無事に終わりましたとさ。


天国のお父さんへ。
みんな会いたがってます。さみしいです。お父さんが亡くなって2年が経ちましたが、会話の中にお父さんの話が良く出てきます。どれもこれも、良い話ばかり。だから余計にさみしくもなるけど、素敵な思い出を残してくれたお父さんに感謝です。いつもいつもありがとう。



人気ブログランキング

ブログランキングに参加をしています。記事を見た後に1ポチっと!!!励みになります。ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました