多感なお年頃・・・

スポンサーリンク

わたくし(とむこ)はとっても動物が大好きなレディーでした。

それはもぉ、何でも拾ってくる(笑)


オカンから言われていたこと

「ニョロニョロしたもん(へび)と足のいっぱい生えとるやつ(ムカデ)だけは絶対に何があっても拾ってきたらあかんのやで!!!」

聞いてください。他は拾ってきても良いそうです(笑)

そんなん言われたら、まぁ拾ってくるよね。猫、犬。落ちてた小鳥・・・
そこまではまだ可愛いんやけど、虫とか・・・昔ナナフシ大好きやったんす。今気持ち悪くて触れもしないど・・・

そんな中でオカンの一番びっくりしたものは超巨大なヒキガエル?

オトンが夕方の田んぼの中心で拾ってきたのよ。ヒキガエルってジャンプしないの。それがもぉ可愛くって可愛くって。

15センチぐらいなんだけど、小さい子どもが持ったら結構なサイズ。そしてこいつは毒を出す。だがしかし・・・そんなこと考えないよねぇ~可愛いよね~ポイズン♪ポイズン♪



オカン悲鳴。

オトン爆笑。

とむこ
・・・これ飼う!

オカン絶句。「ダメダメ!そんなん!そんなん!そんなんやん!!!」

(笑)どんなんやん???(笑)

「ダメやって!返してきなさい!!!」


そんなん聞くわけ訳ないやん?だって、気にいったんやもん♪ゲテモノ好みのとむこさん。もぉ離さない。フォーリンラブ!!!

「いやや!ぜったい飼うん!」

抱きしめるカエル。のびるのびる。足がだらーーーーんってのびてくる。

うん。最大限気持ち悪い(笑)オカンは、もぉダメや。このまま田んぼに置いておこうか・・・と思ったらしいよ。娘ごと(笑)

娘はせめて回収おなしゃす。



結果オトンと一緒にカエルを泣くなく田んぼにかえしてきたそうな。

でめたしでめたし。


ってな訳ないよね。怒られちゃったよね~「もぉ生きとるもんは持って帰ってきたらあかん!!!」


遂に動物大好きとむこにとって死の宣告とも言える「生き物厳禁」という条例がだされてしまいました。

それからは、道端で動物を見つけても。野良犬が居ても。近所のおじさんが子ネコを持たせてくれても涙を流しながらうちはダメなんや!!!と断ってきました。多分。

そんなある日、道端で見つけた鳥の亡骸・・・

「ゴメンネ。生き物はダメなんだ・・・生き…..」




しんでるやゃぁぁぁぁぁああああああーーーーーん!!!

はぃ。約束は守ってますよ?生きてはないからね。

ってことで、この日から見つけた亡骸をご丁寧に持ち帰り御庭に埋葬する日々。


オカンもそれに関しては何も言わなかった。

むしろ定期的に穴が準備されていましたとさ♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました