忘れたくない思い出

スポンサーリンク
忘れたくない思い出

すい臓癌で亡くなった父

亡くなった父が自宅に到着して、しばらくすると葬儀場の方と納棺師さんが来てくれました。病院を出る時にも綺麗にはしてもらっていたのですが納棺師さんが、さらに綺麗にしてくれるようです。癌と戦っていた父の体重は私より軽くなっていました。身長180...
0
忘れたくない思い出

すい臓がんの父 生きた最後の日

2017年9月30日 この日は家の近くで大きなイベントが行われていました。姉と私は子供たちを連れてイベント会場に出かけます。いつもは父の話にすぐなり、すぐに会いに行く私達もその日はなぜか、父のことを思うことが無かったように思います。母だけ...
0
忘れたくない思い出

すい臓癌 鎮静剤で動かなくなった父

2017年9月29日 鎮静剤を打ってから肺炎になり、父は40度の熱を出しながら眠っている。良く気が付き周りの事を率先して行っていた父ではあるが、私から見て父は凄く大きな存在でとても怖かった。父が絶対的な存在で、怖くもあったがなんでも...
2019/07/19 12:32 PM0
忘れたくない思い出

すい臓癌の父、点滴での鎮静剤。肺炎も悪化

2017年9月28日父は鎮静剤により眠り続けています。食べることも飲むことも、喋ることも、起き上がることすらなく。北海道に嫁いでいった姉は帰ってくる時に「お父さん26日に死んでしまうんじゃないかなっておもっとった。」今日は28日です。でも...
2019/06/29 8:40 AM0
忘れたくない思い出

すい臓癌 最後の時が近づく 肺炎になりました。

2017年9月27日前日までは父のトレードマークだったジャージではなく、病院の入院着に着替えさせられ、オムツになっていました。相変わらず足をバタバタさせ両足をベッドの柵に打ち付けています。前日は私がクッションでガードしていたのですが、看護...
2019/06/28 4:53 PM0
忘れたくない思い出

すい臓癌。患者の思いと家族の苦悩

私の父はすい臓癌でした。たった10%の生きる望みにかけて必死に、必死に闘病を続けてきました。強かった父が、抗がん剤に頼り、お祓いに頼り、パワースポットを探しそれでも日々悪くなっていく体。悪化する病状。思いとは裏腹に、抗がん剤治療もできなく...
2019/06/01 4:37 PM0
忘れたくない思い出

すい臓癌 最後の薬を使ったその夜…

日が変わったぐらいでしょうか。ドルミカムという、最後の鎮痛剤といわれているもの。使用すれば食べることも喋ることもできず眠ったままになってしまう薬の投与をしてから1時間ほどが経過しました。眠ったままになると聞いていた薬を入れたはずの父がベッ...
0
忘れたくない思い出

すい臓癌 刻一刻と迫る最後の時

昨日の転倒事件を聞いて、父の状態が思わしくないことをしった北海道に行った長女、私の姉も帰ってくる予定でした。しかし飛行機が取れず、夜になってしまうと。それでも姉に電話して「お願い、少しでも早く来て。お父さんが苦しんどる。もぉ待てんかもしれ...
2019/06/01 4:35 PM0
忘れたくない思い出

せん妄

2017年9月24日次の日に父に会いに行くと顎には縫った跡があり、ほほには痛々しい傷。親指は折れているのではないかと思うほど腫れていました。父は昨日のことにはなにも触れず「おお~来たんか」と声をかけてくれました。帰れなかったと言う思いは強...
2019/06/01 4:36 PM0
忘れたくない思い出

一時帰宅予定日に思わぬ大事故

2017年9月23日病院に泊まって父につきっきりだった私は何をしたわけでもなかったのですが眠ることもできず、疲れを感じていました。早朝に父がうなされています。あまりにもうなされているので、体をゆすったら寝とる時に起すなや!ちょっとしか眠れ...
2019/06/01 4:33 PM0
タイトルとURLをコピーしました