こどものかつぜつを良くした方法!

スポンサーリンク

我が家の次男は3歳までほとんどしゃべることがありませんでした。話しは理解できるものの、話す言葉は一語文がほとんどで、言葉数も多くありませんでした。

それでもってかつぜつが悪い。かつぜつの悪い人には必ず特定の苦手な音があります。

  • さ行がしゃ、しゅ、しょになってしまうもの
  • か行がた行になってしまうもの
  • さ行がた行になってしまうもの

以上のものが多いのではないでしょうか。

かつぜつを直す方法としては舌を上手くコントロールする方法を知ることが大切です。きちんと発音が出来る人は一つ一つの音を言ってみると舌の動きが違うことが分かります。

我が家の次男は上記のうちのか行、さ行が「た行」になってしまうものでした。

カメ→ため。さめ→ため。母親である私は前後の話や次男が体験した事柄から何を話したいのかを理解することができますが、初めて会った人にはさっぱり分かりません。3歳を過ぎたころからぐっと言葉が増えてきましたが、伝わらないことが多い。母親である私の通訳が必要なぐらいでした。

3歳児検診の時に言語で指摘を受け、指導が必要かも。との判断でした。

それはいいんですが、うちの子すごく激しくて(笑)よく言えば元気玉。悪く言えば落ち着きのない子なんですね。じっと座って受ける言語療法は難しいかも。。。もう少し大きくなってからのチャレンジでもいいかもしれません。とのことでした。

私自身保育士をしていて、色んな子どもを見ていましたからまぁ深くは考えてもいなかったし、中学の友達にもかつぜつの悪い子もいたから今からどうすれば・・・とは思ってもいませんでした。

でも、どんどん大きくなるにつれ、高校生になっても

「てんてい、○○とぅんだ呼んでまとぅ(先生○○君が呼んでます)」って言うのはどうかな・・・と思ったわけです。そこで、言語療法を受ける前に自分で考えてどうしたら発音できるのかを実践してみました。

発音出来る人はちゃんと理解しているので、なぜ言えないかが分からない方もいると思います。一度自分の舌をぐっと抑えて「た」と言ってみてください。きっと「か」に近い音に聞こえると思います。そうなんです。発音しようと思っても発音出来ないのです。舌を上あごにくっつけて離す動きによって「た」になります。た行は比較的発音しやすいので、た行が苦手な方は少ないと思います。

じゃあ逆になぜ「か行・さ行」は難しいのでしょうか?

舌を使わないと言うことが難しいのです。人間生まれた時から舌を良く使っています。赤ちゃんがおっぱいを飲むときは大人がストローで飲むように吸っているのではありません。舌と上あごを使ってしごくように飲んでいます。このことからきっと舌を上あごにつけて発音する音は簡単なのではないかな~と思っています。

以上のことを踏まえてか行の練習の時には思う存分た行を言ってもらいましょう!舌をぐっと抑えるとか行にしかなりません。初めて言えたことに喜びを感じ、繰り返すことで舌の使い方を理解し始めます。最初は口をやや大きく半開きに開けて、舌を動かさないことを意識しながら繰り返しましょう。慣れてくると大きく口を開けなくても発音できるようになってきます。

次はさ行です。舌を抑えるだけで発音が出来るようになったた行とは違い少し難しくなります。

舌を動かさないようにして「スー」と息を出す練習をしましょう。

上手になったら「スー」のあとに「あ」と発音します。「スーぁ」最初はこんな感じです。繰り返すことで息を吐きながら発音するとさ行に聞こえることに気が付きます。

発音を練習する上で大切なことはできた!を感じることです。ちょっとでも近い音になったら、もっと!!ではなく、そうそう!それそれ!!!と褒めることです。今まで出来なかった発音は、何が正解かわかりません。この音がそうなんだ、この動きで言葉になるんだと理解できると話すのも楽しくなるようでした。

我が家の次男坊はたった一日で舌の動きをマスターし、すらすらとは話せませんが意識しながらしゃべることができるようになりました。4歳半のことです。大きくなってきたこともあるかもしれませんし、理解できると言うことが大前提です。

親が心配になりすぎて無理強いしてしまい話すのが楽しくない。とならないようにある程度大きくなってからトレーニングを始めるのがお勧めです。

3歳児検診で進められた言語療法が必要かの判定を病院で受けてきました。診断結果は問題なし。行動面での心配もありましたが、こちらも至って普通の5歳児。元気そのものです。とのことで、病院への通院は必要なしとのことでした。

でもきっと家で発音の練習をしていなかったらトレーニングに通うことは必須だったと思います。元気で賑やかな元気玉君なので、家庭でトレーニングできてよかったと思っています。

とっても簡単な方法ですが、大人の方もきっと同じ様にトレーニングをしたら上達するのではないかな?と思います。舌の筋力を付ける方法などいろいろあると思いますが、まずは使い方を知ることが大切じゃないかな?と感じた結果でした。

かつぜつで悩んでいる方試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました